【DVD・映画】の最近のブログ記事

食べて、祈って、恋をして ~EAT PRAY LOVE~

novia-papa
(2010年10月21日 00:00) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
食べて、祈って、恋をして

この映画は、実話を元にしたベストセラー小説を映画にしたものと聞いていたのだけれど、
本の内容の肝心なところが端折られているのかな?と思う程、のめり込めんかった。

簡単に言えば、年下の旦那と別れて全ての財産を失い、
1年間の(イタリア→インド→バリ)自分探しの旅に出て
食べて、祈って、恋をして
美味しいものを食べて、
食べて、祈って、恋をして
自分を見つめながら祈って、
食べて、祈って、恋をして
ついでに素敵な男性とも出会っちゃうという。

そういう話。

旦那と別れる行と、その後出逢った年下の舞台役者の恋人との別れる行が全く飲み込めず。
旦那と別れる理由が本にはもっと理解できるように描写されていたのかしら?
映画では突然別れるのだけれど、もしそれが本当なら、
別れる前にうまくいくようにする努力は何故しないのだ?とリズ(この場合ジュリア)に言いたい。

見つめなおしたというより、ただのセンチメンタルジャーニーじゃん。

伊代ちゃんが踊っちゃうよ?

年齢的なものとか旅行好きな点から、さぞ共感できるに違いないと思っていただけに
結構サメザメとした気分で何とか最後まで観ました。
既にこの映画を観た知り合いが、カメラワークの良さを指摘していたので、
途中からその辺中心に視点を切り替えざるを得なかった。
バリは行った事無いけれど、イタリアとインドが私の体験して得た印象と一緒だったので
きっとバリもこういうままの風景なんだろうなあ、とますます行ってみたくなりました。

私って、こういうお話が苦手なだけなのかな・・・?偏見でもあるのかな?

バイオハザードⅣ アフターライフ

novia-papa
(2010年10月 1日 23:51) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
バイオハザードⅣ アフターライフ

の3Dを観て来ました。

ええ、吹替えですけど?

3Dの字幕は酔う感じだということで、いつも旦那と行く時は吹替え。
私も大体はそれに賛成。
でも、それは旦那が観たい映画のとき。

自分が観たくて行く映画は、やっぱり本物の声を聞きたいので字幕になります。
たとえ、3Dであろうと・・・。

って、自分が観たくて行く映画で全編3Dてまだ観たこと無い。
この秋11月に私の大好きなハリポタが全編3Dでやってくるので
それが初になる予定。。。

て、未来の話は置いといて。

バイオハザードの話。

中島美嘉が最初出てくるじゃないですか。
あれ、要るかね?要らなくね?日本人向けサービス?
大体中島美嘉、アンデッド(ゾンビ)のグロイ顔になってないし。
と、予告を観た時に得た感想そのままだった。

アリスの強いっぷりはカッコよいけれど、ただそれだけの映画な感じがしました。
そして終わらない戦い・・・。

アンブレラ社もアリスもどんだけ兵器やら何やら持ってるんだ!と。
そしてアンブレラ社は結局何をしたいのだ?
その辺りがもうわからんくなっております。
アンブレラ社の金の投資は無駄に思えて仕方ありませんでした。

途中、ホラー映画的な驚きが数箇所あったけれど、後は別に・・・な感じでした。

それより話戻っちゃうけれど、予告編で観たハリポタの方がワクワクした。
そして、その次に予告したSPの方がワクワクした。
SPは去年の今頃、撮影現場で岡田君を見かけたのでそれから楽しみにしてました。
両方観に行っちゃうぞ~!なのでした。

アイアンマン2 IRONMAN2

novia-papa
(2010年6月27日 20:57) | 個別ページ | コメント(2) | トラックバック(0)
映画 ironman2

いつも行く映画館のポイントが貯まり、フリー鑑賞券がもらえてたんだけど、
すっかり忘れているうちに、期限は迫りこの週末迄がラストチャンスだった。
だもんで、一人で行くならば

1)もう一度『SATC2』wwwww
2)松たか子の『告白
3)マイケルジャクソンの『キングオブポップの素顔
のいずれかを観ようと考えていたんだけれども、
旦那に
「アイアンマン2観に行く?」て聞いたら、行くと答えたので1を観ても無いのにアイアンマン2へ。 (カタカナで書くとアンパンマンみたいだね・・・)

1のストーリーは1分程度で直前に旦那に説明してもらい、いざ鑑賞スタート。

主役の秘密の部屋みたいなとこの、もの凄い最先端なコンピューターたちとかが欲しいと思った。
でも、あんまり機械が進化すると、人間のっとられてターミネーターみたいになっちゃうから
それは怖いね・・・。

それにしても、昔のミッキーロークは色っぽかったんだけれどなぁ・・・。
今の若い人たちは、ミッキーロークの過去の写真とか見たらビックリするんだろーなー。

セックス・アンド・ザ・シティ2 SATC2

novia-papa
(2010年6月27日 20:36) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
映画 SATC2

観ました?
私、観ましたよ。
前回SATCでは実はそんなにはまってませんでした。

今回はドップリはまってしまってましたので、結構楽しめました。
いや、それだけじゃなくて、映画をもう少し深く批評してみたりなんかも・・・w

レディースデーではなくて、六本木なんかで
しかも一人ではなく、友人『たち』総勢5名なんかで行っちゃいました。
全員、ドラマにはまった人間たちで行ったので、深く入り込んで見入ったわけです。

ちょっといつもと違う雰囲気のスカートなんか履いてったりして、
女子力意識しながら鑑賞♪
前は本当に全然ドラマも観た事ない状態で行ったので、キャストのお洒落っぷりとか位しか正直楽しめなかったんだけど
今回は、一人一人のキャラクターに感情を移入したりなんかで・・・。

ストーリー自体は、ドラマにはまってた鑑賞者たちはきっとこう思ったはず。

「重要男性陣の登場が少なすぎる!」と。

私たちの、鑑賞後談義でも男性陣(含むゲイカップル陣)についての意見が出ました。

結構どうでもいい終わり方だったようにも感じ、そこがちょっと残念。

私は主役カップルを応援しているんだけど、実は主役の元彼キャラクターのファンだったりもするので、ハッピーエンドは複雑な思いでもありました。
(ふふっ、入り込み杉wwwww)

そして、今GyaOでは私が観そびれた、シーズン1を観ることができるので、今はそれを楽しんでおるところです。

アリスインワンダーランド

novia-papa
(2010年4月25日 00:00) | 個別ページ | コメント(2) | トラックバック(0)
映画 アリスインワンダーランド
アリスインワンダーランド観たのが、えっと・・・公開初日の夜でした。
だから、結構混んでた。そして、またもや、わたくしヤラカシテシマッタよ。

以前、ネットでチケット予約して行ったら、私の席に違う人が座ってて、
映画館の人に文句言ったら、私、日にち間違えて予約してた、、、、な~んてことあったから日にちには十分注意してた。

で、今日、映画館に着いて、ネットチケット発券しようとしても、
「予約ありません」て出る。

えええっ。滝汗

旦那んとこ行って、
「ねね、ちょっと見て、このチケット予約確認メール、一緒に確認してちょーだい。
日にち4月17日であってるよね?ね?ね?昨日でも今日でも無いよね?
時間も21時であってるよね?ね?ね?朝9時じゃないよね?
で、アリスインワンダーランドでぇ
コルトンプラザでぇ・・・・」

「・・・・はぁっ!?ここコルトンプラザじゃねーよっ!」

「ええええええっ!!!!!(クラッ・・・)」

「っちっ!!!!」と旦那の舌打ち顔を垣間見る私。

不穏な空気流れる・・・。

私たち、妙典のワーナーマイカルにいました。私、そこで発見しようとしてました。
日にちや時間間違えとかだったら、映画館の人に頼んでなんとか空いてる席に座れるけど
ワーナーとTOHOじゃぁ・・・・全然違う。

しかも、もう21時・・・。

わてら二人はモギリの人の前で踵を返し、ダッシュで目的のTOHOシネマズへ向ったのでした。(汗)

てことで、5分程度本編遅刻。

旦那は、実は既にそんときからもうテンション下がってたわけです。
更に旦那にとってクソ映画だったので、
帰りの車の中の空気ったら・・・・。いやはやそれはもぅ・・・。





でっ!

映画ですが。

私は、ティムバートンとデップコンビのファンタジーもんは大好きなので満足しました。

話は、これと言ってドキドキしたり感情の動きはそんなに無かったけどね。
というのも、結局あの絵本のアリスなので
話がわかってれば、あの絵本を思い出しながら
「あれがこーゆー風に描かれるのかー」てな感覚で観る感じなだけ。

チャーリーとチョコレート工場は買ったけど、
これはDVDになっても、買いはしないなっ。

NINE

novia-papa
(2010年4月12日 00:00) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
映画 NINE

折角観て来たのに、すっかり日記でUPするのを忘れてた・・・。
これはミュージカル映画。
ミュージカルってタモリも言ってたよーな気がするけど感情移入しにくい。

けど、音楽が楽しかったり、ストーリーも結構楽しかったし
(主人公と女性の関係がわからん部分もあったけれど)
楽しめました。

ファーギーの歌う部分が彼女だけじゃなくて、周りのダンサーたちや演出含めてかっこよかった!



あと、私はケイト・ハドソンの歌うシネマ イタリアーノも好き♪



映画観ながら、またイタリアに行きたくなりました。
んで、豪華キャストにウットリしつつ、彼女達のスタイルを羨ましく思い、
反面自分のスタイルを情けなく思ったわけです・・・。

やっぱ鍛えなあかん!!!!!!

バレンタインデー

novia-papa
(2010年2月17日 23:44) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
て、映画の話。

映画 バレンタインデー

前回、ミポリンの映画で失敗してるので(←もはや失敗呼ばわりw)
今回もちょっとドキドキしてました。
オムニバス系の映画だとも思っていたから
面白いのとそうじゃないのの差とかもあるんだろーなーとか
実はあんまり期待していなかった。
映画評とかを見ても、そんなに高評価でもなかったし。

だけど、良い意味で全部期待を裏切られていたよ♪
ちょっとした宝探ししてる気分にもなりながら
幸せな気分で、ちょっとホロッとしそうになったり。

自分発信で行く映画って大概一人で行っていたんだけれど
今日は久しぶりに一人じゃなかったので
終わったあとの「あーだったね、こーだったね、良かったね♪」
なんつう会話も盛り上がったりして楽しかった♪

心が温まりました。
外は激寒でしたけど。

サヨナライツカ、イツカサヨナラ

novia-papa
(2010年2月 6日 08:14) | 個別ページ | コメント(2) | トラックバック(0)
サヨナライツカ

サヨナライツカを観ました。
URIがhttp://sayo-itsu.com/だって。サヨイツって・・・。
セカチューみたいなイメージを狙ってたのかしら。

私は、ミポリンが好きで、
かつては写真とか雑誌の切り抜きを生徒手帳に挟んでた事がある程で
(他の女子は男性アイドルとか入れてた子が多かった中に女性アイドルを入れてた私♪)

加えて『頭の中の消しゴム』の映画にDVD買う程はまったので、
同じ監督に対する期待をしつつ、行ったわけですよ。

予告見て、ちょっとドキドキしたし・・・へへ。

それに西島秀俊がいい体だとも聞いて
筋肉フェチとしては見逃すまいとも思ったしwwwwwwwww

だから、
1)ミポリンの綺麗さにうっとりしながら
2)話にのめりこんで号泣し
3)ドキドキシーンではアドレナリンとフェロモンムンムン放出しながら
4)西島秀俊の体に見入ってトロケル。

という期待大きくしたわけでしたが

叶ったのは、1番と4番だけでした。

2)と3)、特に期待していただけに残念な結果でした。

すすり泣く人もチラホラいたけれど
私の近辺は私を含め微動だにしない状態。

なんか、15時頃にやってる韓流ドラマみたいだった。

あ、韓流ドラマにはまってる人ごめんなさいね。えへ。
なんか、韓流ドラマって昔のドラマ見てるみたいで
ほら、あれ。大映ドラマシリーズ、、、アレみたい。
なんか展開がいちいち大袈裟でどたばたしてる風で
ドロドロとかドンデン返しとか切ない感じの演出とか
どーものめりこみきれなくて・・・。

そんな感じだった。

『私の名前はキムサムスン』も
なんで視聴率が韓国でそこまで高かったのか、
主役の女性も全然綺麗じゃないし
(あ、ドラマ後のインタビューのメイクばっちしんとき見ると顔が全然違って
完璧に出来上がってたけど・・・)
よくわからんもん。←でも時々見てた。w

脱線しましたが、そーゆー感じ。

これ、本読んだほうがいいんじゃないか?
本だけでよかったんじゃないか?

と思ったので、図書館に予約しました。(50人待ちですのでまだまだ読めないけど)

なんか、大切な部分が映画では端折られてたんじゃないかと思ったので
それを確かめようとも思ってね。

ということで不完全燃焼です。

恋愛ものでドキドキしたいので、
まだ諦めず、違うやつをまた観に行く予定です。
今度は洋画の予定です。

癒し効果無し

novia-papa
(2010年1月27日 17:58) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
オーシャンズ(OCEANS)観てきました。

オーシャンズパンフレットとチラシ

この手の映画は、ディープブルー以降どうしても観に行きたくなってしまう私です。

映画のチラシを初めて手にした時はディープ・ブルーと同じ感じだろーなーって思ってたけれど
最後の気分は全然違ったし、途中色々なことを考えた。

earthともまた違うドヨーンな気分で、
最後に脳裏に焼きついた映像はハッキリ言って酷かった。

癒しを求めて行ったのに・・・・

『チラシに命の原点、感動の頂点へようこそ。』って書いてたのに・・・・



エンドロールが終わりそうなとき、トイレ我慢ならんくなったので席を立ったので私はそのメッセージを見落としたけれど、
「動物が傷つく映像は演出です」というテロップが出たそうです。(帰宅後気になる点がいくつかあったのでネットで調べた)
それを知った今、このフランス映画は地球全体の環境について危惧するものではなく、
特定の者を相手として責めている映画だったのか!と感じてしまった。

BBCのものはドキュメンタリーという感じがしたし、そのせいで途中正直眠りに陥ったりもしたけれど
この映画の『演出』っていうコトバにガッカリさせられました。
その文字を見ずにトイレへ駆け込んでしまった事が悔やまれる。この目でそのテロップを見たかった。
その場でガッカリしたかった。
そしたらパンフレットも買わなかったかも。

傷つく映像以外に本当に演出は無かったのだろうか?
それ以外にも数箇所、私は気になる箇所があったんだけれど・・・。

【以下、ネタバレ部分あるので、観に行こうか悩んでいる人はご注意ください】

ロケットだか爆弾だかなんだか知らないけれど、
それが飛んでいくシーン。それを見つめるオットセイ。
飛んでいくさまを見つめているのもなんだか嘘くさかったけれど、
オットセイの目にロケットだかのエンジンから噴出す炎がずーっと映ってるの。
あれは演出じゃないのか?

最後の方に、衛星より高い位置から撮影してるようなシーン。
大気圏越えたその場所から、分厚い雲を越え、海を写すって演出じゃなくてどうやるの?

傷つくシーンについてだけど、
あの捕鯨に敵対する考えを持つ人しか撮らないようなイルカや鯨の映像。
そして、ヒレというヒレを全部切り取られてしまった鮫が生きたまま海へ捨てられる。
動く術を失った鮫は海底へ口をパクパクさせながらただ沈んでいく。
極悪非道にしか見えないような写し方ったら!!
(この映像が私の脳裏に強烈に焼きついてしまったのだ・・・)

そんなことで演出入れられたら、
本当のところ、もしかしたら全部演出なんじゃないかとか思えてきちゃう!

この頃は映画に☆つけることしてなかったけれど、
敢て今回はします。

★☆☆☆☆ 星1個!!!!!

嵐を乗り越える船や珍しい美しい映像は本当に素敵でした。
それが本物(であるはず)なので0個のところを1個に!

本当は演出なしで全部が本物の映像だったのなら
4個星つけて良いと思ったのに・・・。
(満点にしないのは、やっぱり偏見が入った撮影シーンがあるのが
やっぱり気に入らなかったから)


【以下、追記しました】
パンフレットを読んでみました。
何か映画に対する思いが変わるかしら、と思って。

がしかし、、、、、

やっぱり納得しきれなかったです。上記文章に特に修正すべき点は見当たりませんでした。
加筆するとすれば、
私が一番衝撃を受けた映像の鮫は、やはりロボットだったということ。
ジャックペランはフカヒレ料理のためだけに虐殺される事実を知ってショックで
これを伝えないわけにはいかないと思ったそうだ。
シャチはシロナガスクジラの赤ちゃんの下顎部分を食べるためだけに襲ったが
(という映像が他の映画であった)
それは、ショックではないのか?一部分だけ食べるために赤ちゃんを襲う。
酷くないのか?
捕鯨のシーンに(多分)日本人の顔が映ってしまっていたのもイメージの植え付けに感じてしまった。

知るドキュメンタリーではなく、感情に訴えかけるために作った、、、、なんて
聞こえ良いけれど、偏見映画だ。

3Dがオススメです。

novia-papa
(2010年1月25日 22:16) | 個別ページ | コメント(6) | トラックバック(0)
AVATAR 映画

AVATAR

アバターを観てきました。

前回の日記に書いていた『観ることが出来なかった映画』ってのがこのAVATARでした。

旦那は頑なになって
「もう俺はこの映画観ない!」と言ってたのですが
結局観ないでいたら、数年後突然文句言われるかもしんないから観に行った。

前回は私の粗相(つっても体調不良)で10分で早退。
今回は旦那の粗相で20分超遅刻。

ちょっとだけ見損ねた部分があるけれど、
まぁ、いいってことよ。

今回も3Dに拘ってみたんですけれど、
3Dのほうがより、ファンタジーワールドに入り込みやすいと思う。
映像が綺麗でした。
端の部分とか粗を探そうと思ったけれど、
そんなヒマは無い位お話はトントンと進むし
ナヴィたちの暮らす幻想的な世界に酔いしれました。

敵がいて、それと戦うことが話なので
必要な存在なのだけれど、その敵の雰囲気がアメリカチック過ぎて
それから、途中に挟まれるピンクなシーンもアメリカチック過ぎて
そこは、急に現実に引き戻されちゃうんだけれど、
悪くは無い。

そして、リベンジして観に行ってよかった、と。

最後は、夫婦揃って同じ場所で交互に3Dメガネをかけて記念撮影してみました。

AVATARポスター

観たい映画が他にも続くので大変です。
かと言って、1日2本観るのは余韻に浸れない気がするし
疲れそうなのでしたくないので、毎週観に行く事になるのかしら~。

『THIS IS IT』

novia-papa
(2009年11月 4日 17:01) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
Michael Jackson This is it マイケルジャクソン 映画
2週間限定って言われてたから急いで行ってみた。
(もはや2週間限定公開ではなくなったけれど。)
期間限定だから行きたかったわけじゃなくて
映画が公開されると聞いてからずっと行きたかった、ので行った。

先日旦那を誘ったのだが、
「お前、今までマイケルジャクソン聴いてもいなかったくせに・・・」
と窘められたので一人で行って来たよ。

最近は『敢てマイケルを』聴いてもいなかった私だけれど、
だけど、知らない曲など1つも無かった。
そりゃそーだよね、ここ最近は聴いて無かったつったって
中学とか高校とか洋楽聴くようになるお年頃にゃぁ
マイケルやマドンナとかよく聴いてたもの。
それこそ、BeatIt、Thriller、BADとかとかとか。

ライブDVDとかって見たことあるけれど
それに伴って特典映像としてリハ風景とかあるけれど、
それに特化した映画なんて無いじゃないっすか。
こんだけの細かいことをやって本番に向けてやっていくんだ、という
プロフェッショナルな世界を垣間見た。
そして、リハなのにこの完成度ってなんなんだ!という驚きも。

私ってやつは、音によって感動して涙が勝手に出てくるんだけれど
そんなもんだから、結構ウルウルしっぱなしだった。
こんな凄い人が亡くなってしまったんだとかいう悲しみとかじゃなくて
普通に感動してウルっとった。

「映画が終わったときに、拍手とか起こったら私、もっと泣けちゃう!」

案の定、拍手が起こった。
一緒に拍手したら、鼻水まで垂れてきそうだったから、私は拍手せんかった。


何にここまで感動しちゃったんだろうかと考えた。
予想以上に色々と心に残るものがあった。

ダンサーオーディションで合格した人たちの感動っぷりや
その後の、マイケルと一緒に踊れること、歌えることが本当に人生最高のことなんだ
という感じがバンドやダンサー、コーラス、などスタッフの顔や言動から伝わってきたりとか、
色々、色々、色々、と。

ということで、
我が家にあるマイケルのCDを聴きながら日記を書いてる私でした。


ま、またこのシリーズですか!?

novia-papa
(2009年10月31日 11:00) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
『オーシャンズ』
映画 オーシャンズ OCEANS

また来年やってきます。

例のシリーズです。

ディープブルー、観ました。DVD、持ってます。
アース、観ました。DVD、観て切なくなったので買いませんでした。
でも、とりあえず映画は両方観ました。
壮大な海の自然に引き込まれるわけですよ。
好きなんですよ、とりあえずこのシリーズ。
だから、行かなくちゃいかんでしょ!
2010年1月22日、ロードショーだってさ。行くでしょう。
DVD、出たら買ってしまうかもしれんけど、ディープブルーと被りそうな気がしてならんです。
ホワイトプラネットはまたちょっと趣向が違うという気がしたけども
今度は一緒だろうなぁ、、、と、映画を観る前からDVDの心配をするアホな私であった。

沈まぬ太陽

novia-papa
(2009年10月29日 11:26) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
観たかった映画を観に行ってきました。


『沈まぬ太陽』
沈まぬ太陽"

これは、数年前図書館でふと手にした本だった。
しかも、私はこの本が5巻全部続いた話とは気づかず
最初に手にしたのは『御巣鷹山篇』だった。
この『御巣鷹山』という文字だけで興味を抱いた。
(本の存在おろか作家のことも殆ど知らんかった頃の出来事)

この実際起きた事故はとても衝撃を受けたものだった。
その数年前の羽田沖に墜落して機体が真っ二つに割れた事故も
脳裏から消える前の話だったので
「飛行機ってホント恐ろしい!」って思っていた。

数年後、この航空会社で勤めていた友人にびっくりする話を聞いた。
この御巣鷹山の事故で生存した4人のうちの1人、のキャビンアテンダント。
彼女は回復後、「また客室乗務員として搭乗したい」と言ったそうな。
私だったら二度と乗りたくないと思うだろうに・・・。

その彼女は羽田沖の墜落事故にも搭乗していたそうで、
2度あることは3度・・・とゲンを担いで会社側は彼女を地上勤務に変えたと。

という私の中でとても印象に残っていた話だったので
御巣鷹山篇は手にとってからすぐ読み始めた。
通勤中に読んでいたのだけど、人目をはばからず号泣。
いや、はばかってたけど我慢できない。
本はフィクションだって言ってるけど、正直フィクションじゃないじゃん?
だからよけい感情が入ったんだと思う。
描写もとても細かくて「事故に遭うと人間そんなにまでなってしまうのか!?」とまたまた嗚咽。

読んでる途中でなんかおかしいなって感じて
私は3巻から読み始めたのだ、と気づいて改めて1から読み直した。




で、映画は長いと聞いていたけれど、
確かに長かったけれど、思ったほどの疲れはなかった。
途中休憩が10分入って、3時間半の大作映画。
映画の途中、突然画面が真っ暗になって
「途中休憩10分」って画面に切り替わる。

みんなトイレにダッシュ。
私もダッシュ。んでもって、持参したオニギリを食べる。(ちょうどお昼かぶってたから)

最初は泣きっぱなしだったけれど、
途中からいわゆるエライと言われるような人のずるい、
汚い部分がもうたまらなく嫌になった。山崎豊子ワールドだ。

途中、「あんた!(不毛地帯の)壱岐正じゃないの!」て思う人も出てきた。
本読んでいたときは不毛地帯を知らなかったから同一人物とは気づかなかった。
ってな面白さもあったり。これはネタばらしじゃないよね?うんうん。

ということで、観てよかったと思った映画でした。

ALWAYS 続・三丁目の夕日

novia-papa
(2009年8月 1日 10:31) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
ALWAYS 続・三丁目の夕日

ちょうど、こう、、、、ほっこりしたい気分のとき観ることをオススメします。


って・・・・・・・


これ、映画はずいぶん前、、、、そう、2007年の話なんだけど
たまたま時間があって、観てみました。

「とても心温まるお話でした」

って一言でまとめちゃうと
白々しくて大したことなさそうに聞こえてしまいますな・・・。

続編じゃないものも、それよりだいぶ前に見て、確かほっこりしたんだったな♪

悪いヒトも出てくるんだけど、
実際、ホント呪えるほど悪いヤツって出てこなくて
今みたいに色々な事物が飽和状態じゃないので
限りある中での慎ましい生活、広がる未来への希望とか何となく夢がある。

ヒトとヒトの関係、温もりが一番かな。
それが、私をほっこりさせるんだと思います。



ハリーポッターと謎のプリンス

novia-papa
(2009年7月24日 00:01) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
ハリーポッターと謎のプリンス

遥々川崎まで観に行きました。
なぜなら、どーしてもハリポタを3Dで楽しみたかったからです。
全編3Dじゃないという情報を入手していたので心得てたつもりだったけど
予想より3D部分が短い時間だったぁぁぁぁぁぁ・・・
3Dの間、隣の男子は手を何度も前に伸ばしてました。
私も一人じゃなかったら手を伸ばしたかったな。
一人だったからおとなしく観たよ。

IMAXシアターに行ったんす。

ほんと私ったらハリポタ好きらしいよ。
ま、ファンタジーや魔法とか好きだからってのもあるんだけど。
始まる前のワーナーのマークが出た瞬間からニヤニヤしてたもの。

本を全部読んだから、今迄好きじゃなかった某人は
この編でも憎むべき役なんだけど、私は全然違った見方をしてました。
んー・・・映画全編観てから本を読むべきだったかな。

映画を映画だけで楽しめないね。本読むと。
結果わかってしまってるのが、ドキドキ感に欠けるねー。
でも、本読まないと理解に苦しむ場合もあるよねー。
『ダヴィンチ・コード』なんて、そうだった。
あ、そういえば『天使と悪魔』観逃したな。

一人で映画に行くとちゃんとエンドロールも観てから帰るんです、私。
(旦那と行くとエンドロール始まると帰っちゃうんです)
今日は、もぅ余韻を楽しんでボーッと流れるアルファベットを眺めてた。

はぁ~・・・

ホグワーツ魔法学校にどうしても入りたいです。
呪文は結構覚えました。

ホワイトプラネット

novia-papa
(2009年7月 9日 21:02) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
ホワイトプラネット
今更な感じですが、先日買いました、このDVDを。
主にホッキョクグマが映像として流れるのですが
映画『earth』で観たような、胸がキューッとなるシーンが
ちょくちょく出てきました。

母熊が、巣穴で赤ちゃんを育てながら越冬する映像が
なんか胸がホッコリあたたまりました。
それとは対象的に北極の氷が溶けているせいで
熊が氷の陸にあがれなくなっているシーンなど
温暖化のせいだと訴えるようなところもみられました。
私は、正直本当に温暖化が北極の氷を溶かしていて
生態系を変えているのかどうかとか何とも言えないと思っていますが
でも、彼らの生活できる場所が奪われているのは現実なのだということが
映像で確認できます。

他、くじらの捕食シーンやカリブーの移動シーンなど
地球の壮大さと素晴らしさを沢山感じることができるDVDだと思います。
その壮大で美しい地球がずっと保たれてほしいなぁと観終わってから感じました。


---------------
というレビューをamazonで初めて書いてみました♪
まだUPされるには時間がかかるようですが
そんな感想を抱きました。

earth』とは違う印象。
結局このDVDはいまだに買えずにいる私・・・。

またふとした瞬間に買ってるかもしれまへんなぁ~♪


ターミネーター4

novia-papa
(2009年7月 9日 20:33) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
ターミネーター4
ジャジャッジャッジャジャッ

ジャジャッジャッジャジャッ

ジャジャッジャッジャジャッ

ジャジャッジャッジャジャッ

先日行ってきました。ターミネーター4

シュワちゃんキターーーーーー!
みたいな喜びコメントがいくつか他で見られたんだけど
出てきて私は「必要だったか?」と。
最初の話と繋がってますよ~と無理矢理つなげてる感が。

役者が既に色々違う時点で私の中では
割り切って処理してるのに、
ジョンコナーが

2でエドワード・ファーロングで男前だわ♪と期待させておいて
(今の姿は逆に愕然とさせられるけども・・・)
3でニック・スタールなんかになっちゃって愕然とした後に
4でクリスチャン・ベールになろうが

理解を示してたのに、
シュワちゃんだけシュワちゃんのまま。

別にそこに拘らなくてもいーんじゃーないのー?
というのが私の感想。

CGはこないだテレビで見た
トランスフォーマーだっけ?と被るところがあった。
シーン自体被ってる感じがしたなぁ。

CGもさ、技術がどんどん発展しちゃってるから
何でもありで、何が出ても「えーどーなってんのー?」
みたいなこと無くなってきたなぁと感じた。

2のときにさ、メタル人間がとろけてるのにまた復活したり
柵越えたりさ、体に穴開いたりしたのを観た時ゃ
そりゃ驚いたけどさ。
今回驚くシーンってどこにも無かったなぁ。

お話は、えっとまだ続くんだね。って。
最後のシーンは不納得。
え、あんたが生き残ったほうがいーんじゃ?てな。

以上です。


★★★☆☆

チェ 28歳の革命

novia-papa
(2009年1月22日 23:00) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
チェ 28歳の革命

実は2003年迄、この『偉大な』革命家を私は全く知らなかった。
習い事関連から知ってても良さそうな人物なのに
歴史に興味皆無だった私は何も知らず人に連れて行かれた映画、
モーターサイクルダイアリーズ』を見て、何これ?ノンフィクション?誰?
ってなレベルから興味を抱いた。

で、今回のこの映画はキューバ革命に関する映画で、
でも、別に革命の映画というわけではなく、
その中心人物の一人であった今は亡き英雄、
チェ・ゲバラがカストロや仲間と出会って、思想を持って革命を起こす。
そしてその革命は勝利をおさめる、というところの中での
彼の信念の深さとそれを貫き通す強さとかが描かれている。と言いたいところだが

私は、、、、レイトショーで鑑賞したんだけど
疲労による睡魔に襲われ、場面が白黒・カラーと変わるタイミングで
オチタ・・・。ハッとして起き、気合入れてまた観るのだがその後も何度かオチタ。

別につまらなかったから、ということではなくて
コメディー映画ではないので、ちょっと淡々とした場面が時々あって
更に英語とスペイン語を聞きながら字幕を追うのに
そのあたりにやられてしまった、、、、、のだ。

でも、28歳であんなに人に信頼され、人の上に立ち、前を歩き、
思想を持っていること、そしてその実行力とか
何か自分に置き換えるとこっぱずかしくなった。

これは2部作で、既に次の映画もあり、
その公開は1月31日ロードショー。
もう一度映画に行くのではなくて、DVDを買う予定。
これは何度も観て徐々に深く彼を更に知って行きたいという思いから。

彼に関する本は何冊か読んでいたし、キューバの背景も多少把握していて
それで観に行ったけれども、まだ勉強不足でした。


ところで、どうでも良い補足ですが、
チェ・ゲバラ本人はもっと男前です。
本人に似てる俳優だけれど、俳優より本人のほうが男前って珍しいよね。

チェ・ゲバラ
 ↑
この写真が古谷一行に見えてしゃーない私でした。
本物はこっち。ほら、カッコイイ。
 ↓
チェ・ゲバラ


んで、、、私はこの人は好きなので

★★★★☆

で。

セックス・アンド・ザ・シティ SEX AND THE CITY

novia-papa
(2008年9月26日 20:07) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
SATC

SATC・・・これが一番書きやすいわ、やっぱ。

パコを観るつもりが間違ったw
ま、いいや。こっちも観たかった。
ドラマは一度も見たことなかったけど、
大丈夫、、、、だったと思う。

多分、ドラマをずっと見ていたら、
この人たちの背景とか経緯とかがわかって
入り込みやすいのだろうな、と思ったけど。

後からドラマを見たいという気持ちにはならなかった。
だって、ドラマ放映してる時間遅いし、
それに、たくさんあるんでしょ。見てらんない~・・・
見る前からめげている。

そーだね~・・・。

オシャレだとか

共感できるだとか

気持ちがわかるだとか

なんかそーゆーことをチラリホラリ聞いていたので、
それを期待して観に行ったけれど、
共感もしなかったし、あんまり気持ちがわかるということもなかった。

天海のAround40の方がよっぽど共感もしたし
想像しやすい世界だったし、←SATCと比べて、の話。
真似できるかもしれない、という意味でオシャレさも感じたり。

悪くは無かったけれど、
日本人の話じゃーないなーって思った。
あくまでもこれは、アメリカ、NYのお話。

キャリアがあったり、才能があったり
何かに徹底してたり、彼女たちのスタイルは
うらやましいとか、かっこいいなとか思ったけれど、
遠いどこかのお話だなーって思った。

よくこれが日本でウケテイルなぁ・・・と不思議になった。

いくらアラサー、アラフォー流行りとはいえ、、、、。

★★☆☆☆

これ、ドラマ見てたら、★3つくらいにはなったのかなぁ。

別に終わったあと、
つまんない映画観たな~とか悔やんだこともないけれど

「がんばろ♪」

「そうそう♪」

とか余韻に浸ることは一切無かったでした。


おわり。

WANTED

novia-papa
(2008年9月25日 00:38) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
WANTED~ウォンテッド

アンジーかっこよい!かっこよすぎる!
面白かった。わかりやすかったし。
MATRIXみたいにヤヤコシイ内容じゃないし。

でも、旦那は帰りの車んなかで 「やっぱり前評判どおりだったな」
てなよーな事を言ってた。

なんやそれ、つまらんちゅーことかぃ!

って言ったら

「え?面白かった?」

てな口調。

えー。かっこよかったじゃん。FOX~ぅ。

WANTED~ウォンテッド

ほら、このタトゥーとかも決まってたやぁ~ん。
このときの後姿の素敵さったら無かったっす。

そうそう、左手の指まで伸びてるタトゥーもかっこよかった。
タトゥーはしないけれど、(そもそも飽き性の私には不向き)
でも、かっこええなーて思ったよ。

もちろん、お話も面白かった。
私は楽しめたさ。

ハンコックのことは面白いって言ってたのに、
これはあかんって何でやろ・・・?

★★★★☆

ハンコックより好き♪

*****************************************************
あ、大事な補足

初めてアニメ以外で吹き替えを観に行った。
アニメは吹き替えでも問題ないでしょ。
確かシュレック吹き替えを過去に観たことはあった。

でも、人間が演じるものを吹き替えで観るのって抵抗あったんだ。
今回、「吹き替えでオレは十分だ」って旦那の言葉で
(上映時間の都合もあって)そっちを観た。

主役の声も話題のDAIGOだしね。w

観てる間、何度かDAIGOが頭をよぎった。wwwww

ハンコック

novia-papa
(2008年9月11日 13:03) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
ハンコック
AJのウォンテッドと迷ったんだけど、
なんだ、まだウォンテッドやってないじゃん、ということで
ハンコック観て来ました。

ウォンテッドのサイトURI→http://www.choose-your-destiny.jp/
を見て思い出したんだけど
映画のURIってその都度新しいドメイン取ってるから名前が面白い。
ウォンテッドなんて絶対他で取られてるから
何とか関係ある言葉でURI考えなくちゃいけないって感じが溢れ出てる。
予告で結構笑えるんだよね、これ。w

007の予告やってたんだけど、
邦題が『007/慰めの報酬』ってなってるせいで、URIも
http://www.007nagusame.jp/ ←だしwwww
「nagusameて!!!!」w

さて、映画の話。

あ、そういう展開?
え、じゃー、あんたって一体・・・?
てな感じ。HEROは死なないのだ。
だから、なんだかんだ安心して見れました。

星は4つ~♪・・・ん?甘いかな、採点。
★★★★☆

プラダを着た悪魔

novia-papa
(2008年9月11日 12:47) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
プラダを着た悪魔
想像してたのと終わり方が若干違った。
いや、別にこういう終わり方っていう具体的な予測ってのは無かったけど何か違った。

アンディの服はいくらで買い取ってるんだ?借りてるだけか?
安月給じゃないのか?貯金を切り崩してるのか?

アンディがあの体型で太ってる扱いを受けるだなんて!!!!

・・・駄目だ。ストーリーに入りこめんかった。
おかしいなぁ。映画やってたときの女子の評判良かったような気がしたのに。

この頃、アラサー、いやアラフォー受けする映画やドラマ
SATC、Around40、四つの嘘とかとかが多くて
すっかりターゲットな私に入ってる私は
それら(SATCはまだ観てないが気に入る筈だ)に嵌まっている。

ってな私は、この映画は振り回され過ぎて
主人公に自分を置き換えてみたら、グッタリ疲れた・・・・・

もうそこまでのバイタリティは無いらしい。
映画観て実感してしまった。
打たれ弱いし、あんなイジメにあったら次の日から出社拒否だ。

"How disappointed・・・that's all"

これでTHE☆ENDだ。

星は3つ~♪
★★★☆☆

デトロイト・メタル・シティ

novia-papa
(2008年8月28日 00:20) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
デトロイト・メタル・シティ


クラウザーさーーーーーーん!!!!


旦那と二人で手を叩いて大笑い。

超おもろかった。

ただでさえ松山ケンイチ可愛いって思ってたのに
ますます夢中になった今日のあたくし♪

その他、観たいもの
SEX AND THE CITY
ハンコック
ウォンテッド(アンジーかっこええ~)
パンダフルライフ
パコと魔法の絵本

いくつ観れっかな~(*´∀`)

あなたは何か観たい映画、ありますか?

崖の上のポニョ

novia-papa
(2008年7月15日 13:05) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
どーでも良いことですけど
みんなは忙しいからあんまりテレビなんて見れてないでしょうから
「うんうん」ってうなずいてくれないかもしれませんけど

頭の中から
「崖の上のポニョ」の唄が離れませんの、このごろ。

崖の上のポニョ


家の中で変な間があるとすぐ


「ぽ~にょぽ~にょぽ~にょ、さかなのこ~♪
がけのっうえにっやぁぁぁてきた~♪
ぽ~にょぽ~にょぽ~にょ、おんなのこ~♪
まんまるおなかのっ・・・・」
  ↑
CMはここで終わるので私もここまでしかわからん。



もっとどーでも良い話ですけど


ポニョに似た友達がいます。


旦那に言うたら
「それは当人に言わないほうが良い」って言われた。
可愛いねんけど、うれしくないか・・・。


そんな私が今観に行きたい映画は→→こっち
でも日本版のが面白いのかな。
あ、GYAOで見れるみたいだ。見てみようっと♪



【追加】
http://lyric.kget.jp/lyric/jv/ww/
ここに『崖の上のポニョ』の歌詞が載っていたよ。

アースって言っても殺虫剤の会社の話じゃないよ

novia-papa
(2008年6月29日 23:00) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
earth
アース』のDVDが発売された!

あ、一昨日発売開始されてたんだね。

観に行った後、切なくなってしまったあの映画。

切なくなったけど、その飲み語りし
結局普段どおりに酔っ払いになったあの日・・・。

さて、どうしよう。


買うか買わぬか。


観た事無い人は是非観るべき。




私が買うか買わぬか悩んでいるのは切なくなるから。


綺麗な景色、映像で癒されるのが目的で
この映画を観に行ったのがそもそもの勘違い。
もちろん、凄い素敵な貴重な映像もあったけれど
絶滅危惧種の動物の滅び行く未来を想像させるような映像があったり。


でもさ、どうしようも出来ないじゃん。


このご時世に生を授かってしまったのが不幸だったのだ。

いや、まだましなのかもしれない。

時が経つにつれ、新しく生まれる動植物は皆不幸なのかもしれない。




ちょっと脱線するけど、


相反した考えがあって、
「死ぬの怖い、死にたくない!」という思いと
「人間なんて滅びればいいのに」という思いがあったりする。

「アイアムレジェンド」っていうウィルスミスの映画があったけど、
あんな感じで、人間が滅びるとあっという間に自然回帰できるらしい。
何かのテレビ番組でやってた。

おとぎの国みたいなことになってた。

まぁ、この映像だって人間の想像に過ぎないっちゃー過ぎないけど。

コブラの恐ろしい毒牙で噛まれたり
ホオジロザメは恐ろしい牙をむいて襲われて足がもげたり

怖い生き物はたくさんいるけれど、

人間程恐ろしい生き物はいないと思う。

動物や魚を食べるのに必要以上殺したり、
毛皮を剥いでファッションに使ったり、
首輪を付けてペットにしたり、
水槽に入れて観賞用にしたり、
死んだり、あまったりしたらポイポイその辺に捨てて土壌は荒れて、
乗り物に乗るたびに、そこから出る排気で空気は澱み、
綺麗な海や空がある島に勝手に掘っ立て小屋なんて建てて
観光業営み始めたり、
動物の棲家のジャングルを勝手に伐採したり焼却したり。

他の動物は弱肉強食・生態系とかいう枠などに入れても
人間は別格。入れることすらできない実は下等な生き物。

本能で自分の種が増えすぎると集団自殺するじゃない?生物って。
もしかして、人間は時間をかけて色々なものを巻き添えにしながらも
実は本能で集団自殺図ろうとしてる最中なのかしらとも思う。


と、思ったからって
肉は食べるし、魚も食べる。
猫だって一緒に暮らしてるし、観賞魚だって飼育してる。
ファーのついた洋服だって持ってるし
料理し忘れた食材を捨てることもある。
無駄な買い物をして、しょっちゅう大きなゴミ袋を出している。
車だって乗るし、リゾート行くのも大好き。


結局、どうしようも無い気がしてならない。
一人不買運動を起こしたって何も変わらない。
エコバッグを使って地球が救えるなんてこれっぽっちも思えない。
でも、やっている。こんなこと、自己満足以上の何があるのだろうか。



いつもこの結論に辿り着く。

それでも、環境番組とか見ずにはいられない。




あれ・・・?『アース』のDVDの日記のつもりが・・・。

ジョーンズ博士、残念ですよ。

novia-papa
(2008年6月29日 13:43) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
インディージョーンズ


待望の『インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国』を観てきた。
私、インディ・ジョーンズの映画、昔から大好きで、
全然インディ・ジョーンズの映画なんてやってない時代だって
携帯の着メロにして位。

憧れだった。ジョーンズ博士。

それでハリソンフォードが好きだったのかも。

伝説の話とか、
古代文明の話とか、
歴史は苦手だけど、
宝探しみたいなお話って楽しいじゃん。

だから大好きだった、



んだけど・・・・



今回は、それとこれは結び付けないでほしいなぁー!

と、言いたくなるようなものでした。


最後の方のシーンが特に気に入らなかった。

この映画はあの古臭い感じが好きだったのにな。

宝探し、冒険もの映画で
夏に公開される『ハムナプトラ3』を楽しみにしようっと。



似てるロゴ.jpg



インディ・ジョーンズとハムナプトラのタイトルロゴ、似てると思ったのは私だけ?

奇跡のシンフォニー

novia-papa
(2008年6月26日 16:22) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
奇跡のシンフォニー.jpg


フレディ・ハイモアの『奇跡のシンフォニー


昨日、レディースデーだったし、
旦那はこの手の映画は絶対付き合ってくれないし一人で行ってきた。

嗚咽するほどの号泣を目的に・・・。

席指定だったので、先にチケット購入。
(前回のマジックアワーの時のような失敗をしないように
今回は何度も日にちをチェックした・・・よ)

着席すると、隣のやっぱり一人で鑑賞しにきてた女性が
煎餅か何か食うとんねん。
それがまた、何か変なニオイしよんねん。
それが気になって映画前半集中できんかった。

映画は・・・。


お父さん・お母さん役の歯並びの良さが気になりました。
このごろ、猫も杓子も状態で女優も俳優も真っ白な歯をしてるね。


あと、出てくる黒人の人が大人も子供も可愛かったりかっこよかったりでした。


んー。別にDVD出ても買おうとは思わんです。
目的の号泣はできたかって?


まわりで数人の鼻水すする音が聞こえたけれど。


私は泣けんかったなぁ~ってちょっと残念に思いながら
カーデガンを羽織るとき下を向いたら鼻水だけス~ッと垂れてきたw
若干ジーンとはしてたってことかぃ?


でも、嗚咽希望だったので、そこまで入り込めなかったのが残念。



きっと、あの隣の人の食べ物のニオイのせいだ!( ゚Д゚)ドルァ!!

ザ・マジックアワー

novia-papa
(2008年6月12日 01:04) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
ザ・マジックアワー

三谷幸喜の『ザ・マジックアワー

今日、観てきた。
彼の映画を観るのはよく考えると2本目だったようだ。
あれ?ほんとか?それまでのって観てなかったっけか?

・・・うーん。やっぱり有頂天ホテルとこれ、だけですた。

セットも細かく見たつもりだったけど、
当たり前ながら見尽くせなかった。
キャストに夢中になってしまったからさ。

色々それぞれ面白かった。
香取慎吾が出てたのは、ハッとした。

スクリーンの中の世界がとても素敵だった。

「映画ってほんとにいいですね~」


★★★★☆ 勝手に星4つ~

満点じゃないのかって?


全部きちんと見れてないからさ。
最初の2分程見逃してしまったからさ。


そこ減点。

ってのも、自分のせいでなんだけども・・・・ね。


ん?何でって?


アホ過ぎて言いたくなーぃっ!

DEEP BLUEがDVD化!

novia-papa
(2005年3月18日 13:42) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
DEEP BLUEという映画のDVDが5月に発売される。
別にストーリーがある訳ではない。
これは、ただ『海に生きる生物の観察記録』なだけだ。

だけど、どうしてそれが映画にまでなってしまったか。

それは、それだけ海の世界が美しくて不思議で壮大だったからだ。

BGMは、果たして必要だったかどうか
映画鑑賞中はいささか疑問にも感じたけれど
改めてDVDでそれを確認したいと思う。

映画館の大画面で観た程の感動を憶えるかどうかもわからないけど
私はこれがDVD化されるのを、凄く首を長くして待っていた。
DVD化される前からamazonで予約を入れていたくらいだ。w

魚が好きだからという事ではなくて、
海の青、海の世界が好き、海の神秘に触れてみたいからこの映画を観たのだが

私と同様に
海の青、海の神秘、波の音そんなものが好きな人や
アルファ波を出してリラックスしたい人などには
是非このDVDをオススメいたします!
↓↓


って、まるで私はこのDVDの営業マンか!w