【酒の肴レシピ】の最近のブログ記事

【レシピ】【酒の肴】簡単だね!ラタトゥイユって!

novia-papa
(2009年7月 7日 23:43) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)

ラタトゥイユって名前がこ洒落ててややこしーやん?
だから作るのもややこしーかと思ってた。

それに材料の殆どを旦那食べられない食材だったし
作ったことなかったんだけど。

なんだか、野菜不足な私なので
以前買ったぽっこりお腹対策も含めて
自分だけで食べるために作ってみたよ。

ただ、これは確実に一人前じゃないんだけど。
どんだけかけて食べきるのかしら♪

作るのは簡単!
でも、家にないハーブを使用するので
そのために買いにでかけました。
ハーブの瓶だらけになったけどwww


【材料】

・ガーリック 1片
・玉葱 1個
・ズッキーニ 1本
・茄子 小3本
・トマト 1個
・トマト缶 1缶
・パプリカ 赤1 黄1 ←って用意しようとしたけど赤1しか用意できず。

・タイム
・ローズマリー
・セージ
・オレガノ
・ローリエ
(私は乾燥瓶詰めを使いました)

・塩コショウ 適宜
・オリーブオイル 

【手順】
1)野菜は全部1~2センチ程度のさいの目に切っておく。
ガーリックをみじん切りにして
オリーブオイルを入れたフライパンに投入後、火を入れる。

2)香りがしてきたら玉葱を投入。ちょと火が通ったら
ズッキーニと茄子を投入。オイルを吸ってしんなりした気がしたら
パプリカも投入。

3)トマトとトマト缶の中を投入。
※トマトは中の種を抜いておく。トマト缶もホールじゃなくてカットを買えば楽♪

4)ハーブたちを入れる。
ローリエは火で葉の淵をちと焦がすと香りが高くなる、らしいよ。
ハーブの量は、もうこれは好みじゃないかしら。
少しずつ足して味見しながら「いー香りだなー」って思ったら止めたらいーねん。

5)塩コショウで味を調える。


って野菜カットから出来上がるまでに30分かかるかなーって程度。

※野菜はシナシナになるまでしっかり炒め『ない』!
形がしっかり残る感じで。

※トマトはね、本当は皮をはいだほうが良いよ。
今回、剥がなかったから、皮がピロピロ残ったw。
横着さが形に残ってしまった・・・・。

で、熱々を食べたかったのではないので、
私は粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やしました♪
最高♪うまいっ!←まだ味見段階。

今晩の『私の』おかずはこれだね!
これで、冷製パスタにし~よぉ~っと♪

☆ブルスケッタにしたり、そのまま食べたり、パスタソースにしたり
用途はいろいろよん♪
ワインに最高っすな~♪
今晩飲んじゃおうっかな~♪
簡単レシピ ラタトゥイユ

【酒の肴】挽肉のレタス包み

novia-papa
(2008年11月20日 00:30) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
ってタイトルにしたのだから
まずはそれについて書かなくちゃ、だわ。

飲兵衛仲間にふるまってもらった料理。
それがとても美味しくて酒が進んでたまらんかったので
おおよそのレシピを聞いた。

「挽肉・ひじき・しょうが・豆板醤・醤油・塩コショウ・筍」

がしかし、我が家にはタケノコ食べれないヒトが1名いるので・・・。
その他は適当に作りながら味を調節してみました。

【材料】→分量も書いてますが例のごとく適当でいーんです。
豚挽肉 300g
ひじき 両手一杯位
レンコン微塵切り 150g位
レタス 1玉

(調味料)
醤油 大さじ3
ネギ味噌(※) 大さじ2
豆板醤 大さじ2
塩コショウ 少々
おろし生姜 1片分
ダシ 小さじ1/2

【手順】
1) ごま油ひいて、挽肉、ひじき、レンコンを順に炒める

2) 調味料を入れる。塩コショウの塩は最後に味を調える程度。

レタスで包んで食べるので多少味を濃い目に作っても良いと思う。
酒も進むし♪♪♪

(※)ネギ味噌・・・ネギ2本みじん切り・味噌大さじ4・砂糖大さじ1程度を炒めたもの
できなければ味噌だけでもOK♪

こんな感じ♪
挽肉レタス包み


ところで今日は夕陽が綺麗だったー♪
富士山も夕焼けの光を浴びて真っ黒のカッコイイ姿が見えたよー。
スゴイ近くにあるように見えたな、今日・・・。
夕焼け景色

【酒の肴】搾菜(ザーサイ)と白髪葱の和え物

novia-papa
(2008年9月 7日 12:51) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
これは、塩辛が出来るまで二日も待てないって人に
その間つなぎにピッタリのオツマミ♪

【材料】
長ネギ
搾菜(ザーサイ)
ごま油
胡椒

長ネギは白髪葱にします。
搾菜(ザーサイ)を加えます。
胡椒をたっぷりふります。
ごま油をたらします。(少しラー油でもいいかも)
和えます。

搾菜(ザーサイ)と白髪葱の和え物

以上

塩辛を寝かす間は、これで我慢してちょ♪

【酒の肴】イカの塩辛レシピ

novia-papa
(2008年9月 7日 01:22) | 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
かつては適当に作ったので
イカをさばいた後、肝に少々塩を入れて
切ったイカをポポポ~イって入れたんだけど、
今回は色々検索・研究をしてみた。

で、今までと違う作り方してみた。

【材料】
するめイカ 1パイ
塩 1カップ位
ミリン 小1位?

【手順】
まず、イカをさばきます。
内臓を破壊しないように外した後、肝だけ綺麗に取る。
(いつもこのとき残るイカ墨でパスタとか作ってた)
塩に埋もれた肝

肝は写真のように塩で覆い包め、冷蔵庫で寝かす。
(私は二晩寝かした)

干し中のイカ

エンペラ、ゲソも同時にスルメにしちまおう!って魂胆で
全部このように干す。
(同じく二晩)

干し終わったイカ

塩漬けした肝


肝はこのようになるので、塩を洗い流し、
まな板で肝の中身をこそぎだし、包丁で叩く。


身はスルメぽいいい感じのニオイがします。
(一度家に入れて数時間放置したら、家がスルメ臭くなりました)
塩辛に適した大きさ(お好みで)で切る。

それを合えて、ミリンを入れます。
塩っぱいだけの味にまろやかさも加わります。
後は、もう少し冷蔵庫で寝かして晩に、酒の肴として・・・・・ウシシ。

イカの塩辛

記事検索

このアーカイブについて

過去の酒の肴レシピカテゴリのブログ記事です。

前のカテゴリ:簡単・適当レシピ

>> 最近のコンテンツページへ

>> アーカイブまとめページへ

酒の肴レシピ: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.12